交通事故に遭いました、専業主婦の私は補償をもらえますか?


ご自身のご状況や年収などで補償が変わる?それとも一律?

確定的な情報や知識が無い方は以下をご参考ください。

まず答えを最初に申し上げますと、専業主婦の方も補償を受けれることができます。


目次

1.専業主婦の慰謝料の算定法

2.専業主婦の休業補償

3.家事に支障が出るような後遺症が残った場合


 

1.専業主婦の慰謝料の算定法

専業主婦の~と銘打ちましたが、基本的には皆さん一緒です。

慰謝料を算定するにあたって公式が存在します。

総治療日数(期間)×4,200円 or (通院実日数×2)×4,200円

の数値の少ない方となります。

 

例を挙げますと・・・。

90日間(約3ヵ月)の間に30回通院したAさんの場合

90日×4,200円=378,000円

(30回×2)×4,200円=252,000円

378,000円>252,000円

つまりAさんの慰謝料は252,000円となる計算です。

 

しかし上記の額は自賠責の限度額である120万円未満で納まった場合の目安です。

120万を超えると任意保険での算定基準になりますし、任意保険の基準でも
入院ありか入院なしかで金額が変わります。

またさらに弁護士に依頼するか否かで大きく金額が変わりますのでその点をご留意下さい。

ちなみに慰謝料が大幅に増額する場合は弁護士に依頼した場合に多いです。弁護士基準や裁判所基準とも言います。

もし懇意にしている弁護士の方がいらっしゃったり、通院中の病院や治療院で紹介を受けれるならお願いしても良いかもしれません。

2.専業主婦の休業補償

ここが実際はどうなの?とお思いの方も多いと思います。

ですが、答えは専業主婦の方も休業補償がもらえます

なぜかと申しますと、主婦業も立派な業と認められているからです。

その業に充てる時間を治療に充てたり、もしくは交通事故に起因する負傷などで一時的に家事がストップしてしまう場合があるからです。

計算方法は慰謝料算定と違ってシンプルです。

1日=5,700円です。

ただここで勘違いしてはいけないのが、事故治療の期間中ほったらかしで発生するわけではありません。

あくまで業を休したことに対して支払われるものなです。つまり通院することによって主婦業を休んだ等、実際は通院実績を問われます。

またこちらも自賠責、任意保険、弁護士と基準が違ってきます。

任意保険の場合までは自賠責とほぼ一緒なのですが、こちらも弁護士さんに計算してもらった方が増額する場合が多いです。

弁護士さんに計算してもらう場合には実際の年収を計算して算出しますが本件あくまで、専業主婦の方のお話です。主たる収入が無い場合はやはり5,700円で算定されるのでしょうか?

いえ、違います。弁護士に依頼した場合請求者と同じような状況の方の年収等を参考にして算出してくれます。

すこし分かりにくいので簡単に申し上げますと、今現在、日本人の平均年収はこれくらいだから~、この方と同じ学歴の方はこれくらいだから~、この方と同じ年齢の方はこれくらいだから~、など
「その方がもし働いていたらこれくらいは貰っていただろう。」

という計測可能なモデルから休業補償の根拠を持ってきてくれます。

その平均値から算出し休業補償を交渉・請求してくれます。

3.家事に支障が出るような後遺症が残った場合

事故の状況によっては、軽いむち打ちから体の自由を奪い本来の生活の質を取り戻せないほど負傷する場合があります。

もちろん命が助かった事が一番の幸いなのですが、後遺症を残したまま生活を営むのも肉体的にも精神的にも苦痛を生じるかと思います。

そこで後遺障害認定という制度があります。

これも専業主婦だから~、という縛りはなく、後遺症が発生した皆様に平等に受けて頂ける制度です。第1級から第14級まで存在し、等級に応じた金額が支給されます。

病院や治療院での治療でもどうしても症状が残ってしまう場合が現実にあります。

例えば、重度の骨折等の明らかに外見でわかるような症状から、脳挫傷などのいわば体の中の症状などです。他にも歯の欠損や聴力の喪失などがあるのですが、それらの症状に対して支払われるものです。

自賠責基準の14級で32万円、1級で1100万円となっております。

こちらも弁護士に依頼し、弁護士基準で算定してもらうと
14級で110万円、1級で2800万円と大きく差が生まれます。

後遺障害認定の詳細についてはこちらで詳しくまとめていますので
よろしければこちらもご覧ください。

→ 後遺障害認定とは?

 

上記、専業主婦の方が事故の被害者になって場合、おおよそ受けることが可能な補償を挙げていきました。

しかし交通事故のケースや相手方との過失割合などで若干の誤差は出るかと思います。そういった場合はまずは近くの専門家に相談しましょう。

最近では弁護士事務所でも交通事故案件の場合相談料が無料のところも増えてきています。

当院は豊中市にあります交通事故専門院です。

弁護士や行政書士とも連携をとっております。

北摂エリアや通院可能圏内で事故に遭われた方はご遠慮なくご相談ください。

当院の公式HP

→ 豊中市交通事故治療.com