交通事故現場で被害者がすべき6つの事

初めて交通事故に遭った場合。それも自分が被害者の場合、何をするべきかわからない事が多いと思います。

咄嗟の衝撃で気が動転していたり、外傷による痛みでパニックになっていたり、また同乗者の安否を気遣うために自分の事は二の次になっていたりと、様々な要因ですべき事ができない場合があります。

以下、最低でもこれだけはしておいた方が良い事を列挙していきます。

もちろん、ケガの具合によってはそれどころではない場合もありますので、できる範囲で行うという認識の元、念頭に置いて頂けると幸いです。

また後日、加害者との食い違いや争いを避ける為の行動も含みます。


目次

1.自身、同乗者の安全確保

2.周囲へのお知らせ

3.警察、救急へ連絡

4.加害者とのやり取り

5.現場の状況確認

6.目撃者の有無の確認


1.自身、同乗者の安全確保

まず第一に体、命です。

どういう事かと申しますと、例えば高速道路など、行き交う車の速度が速い場合の状況、また交差点、大通りなどの交通量が多い場所。

そういった場所での事故は二次的な事故の発生の恐れがあります。

危険が伴う事故現場ではまず自身及び、同乗者、関係者の安全確保です。

具体的には路肩や白線の内側などに身を寄せるなどして安全を確保しましょう。

2.周囲へのお知らせ

1.と関係してくるのですが、事故が起こっているという事を周囲に知らせる事が必要です。

一般的には加害車両、被害車両ともに道路のわきに寄せて、ハザードランプを点灯させます。それだけで十分事故現場だと周囲も気づくのですが、三角板の設置や、事故状況によっては備え付けの発煙筒などでここに交通事故がある事を周囲に知らせましょう。

この周囲へのお知らせは先に申し上げました、2次的事故の防止にもつながり、新たな被害、および新たな加害者を生み出さない為にも重要な行為です。

3.警察、救急へ連絡

ここでのお話は以前の記事とかぶる部分があるのですが、安全を確保した後に警察や、救急へしっかり連絡をしましょう。

もし交通事故に遭ってしまったら

事故状況を細かに救急の電話だけで伝えるのは大変ですので、とりあえず

【事故が起きた(被害者or加害者として)】【事故現場の場所】
この2点を伝え迅速に現場に向かってきてもらえる様にしましょう。

4.加害者とのやり取り

加害者、および加害車両は必ず連絡先やナンバープレートを控えるようにしましょう。

後日争いを避ける為なのですが、基本的には加害者側も非を認め協力的な場合がほとんどです。

しかし、後日、当時と全く違う態度で状況が違う事を言ってきたり、そもそも事故当時に現場において自身の事を教えたがらない加害者もいます。

まさか!?とお思いかもしれませんが悲しいかな当院の患者様でも実際にそのような目に遭った方もいます。しかも、一人や二人ではありません。

ここでは加害者の氏名、住所、連絡先、損保会社の名前、連絡先、車検証、本人確認のための身分証明書を確認しておきましょう。

5.現場の状況確認

こちらも後日、係争を避ける為です。

「事故当時は見晴らしの良い空いた道路だったのに相手がいきなり後ろから衝突してきた。」

「徐行運転から一時停止しないといけない住宅地の交差点で一時停止をせずに突っ込んできた。」

などなど、道路の状況によって事故のタイプも変わってきます。

しかし相手が「当日は見晴らしは良くなく一時的に混んでいた。」と言えば事実とは異なるお話になってきます。

状況をカメラなどで撮ることは相手に対しても威圧的で、自分の心にもあまり好ましくないかもしれませんが、なんらかの形で事故状況を押さえておくことをお勧めします。

また、事故状況をなるべく保全する様に心がけましょう。

これは実際、身内に遭った話で私も目の当たりにしたのですが、

ある日身内が事故に遭ったとの一報、事故現場から一番近くにいたので急行。
既に身内は救急車の中で搬送される一歩手前という場面で到着。

身内という事で現場に残り警察の方から話を聞いていました。

自転車(身内)対車(加害者)という事故で過失は0:10だっと思うのですが、警察から話を聞いている最中になんと加害者が被害車両である自転車を動かしたり触ったりしていました。

加害者の方曰く、悪意があった訳ではなかったのですが、私はその行動に思わずびっくりして警察の方に「あの~お話の途中申し訳ないですけど、加害者の方が自転車いじってるんですけど・・・。」

と言うと警察の方も「ダメダメ、触らないで!」と大急ぎで制止しました。

現場保存の原則がある事を知ってたのですが、相手が知らないとこういう事もあるのです。

6.目撃者の有無の確認

特に大通りなどでは目撃者も多数存在すると思います。

日中の事故では尚更です。

事故に遭った時、周りにいる方も

「大丈夫ですか!?」など声かけしてくれる方もいらっしゃいますし、警察や救急に連絡してくださる方もいます。

もしそういった方々が警察の到着後も事故現場を証言してくださるのなら、それに越したことはありません。

こちらも加害者との後日の争いを避ける為です。

「完全停止している自車両に前方不注意で加害車両が後ろから追突した。」

「通常走行中、前の車両が急ブレーキを踏んだから私もやむを得ず急ブレーキを踏み、追突してしまった。」

では過失割合も変わってくるかと思います。

 

以上、病院に行くまでにすべきことを時系列で並べてみました。

全てできるに越したことはないのですが、ケガの具合や状況によってできる、できないがあると思います。

今回は加害者との食い違いを防ぐためという事に重きおいて解説させて頂きました。

順不同でも構いませんので少しだけでも頭の片隅に置いて頂けると幸いです。

 

当院は豊中市にあります交通事故専門院です。

弁護士や行政書士とも連携をとっております。

北摂エリアや通院可能圏内で事故に遭われた方はご遠慮なくご相談ください。

当院の公式HP

→ 豊中市交通事故治療.com