もし交通事故に遭ってしまったら

人生で初めて交通事故に遭ってしまったら、どうすれば良いのでしょうか?(被害者になった場合)

文字通り初めての経験なので、何から手を付けて良いか分からない方も多いと思います。

当院では創業以来豊中市はもちろん、市外からも数多くの事故患者様を診ており、対応の経験も豊富です。

以下簡潔ではありますが、事故後あなたがどうすれば良いのか?を時系列でまとめてみたいと思います。


目次

1.警察・救急・損保に連絡

2.病院へ診察

3.通院治療開始

4.通院終了

5.慰謝料などの清算


1.警察・救急・損保に連絡

負傷の度合いによって順番が違ったりするのですが、もしあなたの症状が軽微~中程度であり、意識明瞭であればもれなく上記に電話することをお勧めします。

一般的に加害者側が警察や救急にはかけてくれると思いますが、可能であれば加害者と連絡先を交換し、更に分かるのであれば相手側の損害保険の連絡先などを聞くと良いでしょう。

この場合、相手側が相手側の損保に対して事故の連絡をいれ、そこから被害者であるあなたに連絡が来ると思います。

 

もし負傷の度合いが重傷であれば上記は一度一切忘れて、安静にしておきましょう。

何をおいても第一優先は体の事です。

2.病院へ診察

多くの方が先に一報をいれた救急からの搬送で病院に行くと思います。
そこで医師の診察を受けて、些細な事でも良いので、どこが辛いか?
など伝えるようにしましょう。

なぜならば、交通事故の場合、痛みが遅れてやって来る事が非常に多いのです。
こういった事は聞いたことがある方も多いと思いますが、受傷当時は一種のパニック状態にあり、気が痛みまで回らないことがあります。

そして諸々の手続きが終わった後、ほっとした瞬間に痛みが増悪するケースが非常に多いのです。

ですので、些細な事でも良いので、事故前と違う自分の体の事は医師に相談してみましょう。

医師の診察が終われば、そのまま理学療法などの治療を受ける場合もありますし、安静を指示されて処方箋などをもらってそのまま帰宅という場合もあります。

ここで医師の診断書が発行されると思いますので、必ず受け取る様にしましょう。

その診断書などを損保会社や、人身事故扱いするために警察に提出しなければいけません。

手続きを円滑にするために、診断書のコピーを2、3枚とっておくことをお勧めします。

警察などに一旦提出すると返却してもらえない場合が多く、必要になった場合、病院に申し出て再発行となると手間がかかります。安静状態を維持する為になるべく手間数を減らしましょう。

3.通院治療開始

その後本格的な通院がはじまると思います。

通院先は病院でも構いませんし、整骨院、鍼灸院などでも構いません。
当院の場合も併用して通院している方が数多くいます。

しかし、ここでの注意点は、あらかじめどこに通うかを損保会社に連絡し、許可を得なければいけない場合があります。

“いけない場合がある”と表記したのは、我々も実務レベルで損保会社の方とやり取りをしていると、会社によって、もしくは同じ会社なのに担当によってばらつきがあるからです。

事後報告でも「問題ありません。」と言われる場合もあれば、「そこに通うとは聞いていませんので・・・。」

と言われる場合もあると思います。

ですので概ね事前報告しておくことで問題は起きないと思いますので、損保の方には必ずどこに通院するかの旨をお伝えしておきましょう。

 

4.通院終了

一般的には通院期間は3~4か月と言われたりしています。

症状のひどい方はもちろんそれ以上通院して完治を目指すのですが、通院期間に関して大事なことは

完治するまできちんと治療を受けるという事です。

後遺症の話になるのですが、治療が中途半端で症状が残存する形になればその症状が時間の経過とともに増悪する場合があります。

ですので医師が完治したと判断するまではきちんと治療を受ける事をお勧めします。

ただし、通院に際して例外があります。
それが症状固定と呼ばれる状態になることです。

症状固定とは、簡単に言えばこれ以上の回復が治療をしても見込めないとき、回復に年月の経過も要する場合です。症状が一進一退する事を指します。

※この場合、後遺障害認定などを受けることになりますが、これはまた別途記載します。

症状固定となった場合はいったん現状の通院をストップし、後遺障害として等級を認定され、その慰謝料などで治療を再開する事が一般的です。

 

5.慰謝料などの清算

最後の手続きとして、慰謝料などを清算します。

清算と表記したのでは通院にかかった駐車場代や交通費も保険での支給対象となるからです。

一般的な慰謝料の計算方法は以下の通りとなります。

【総治療日数×4,200円または、(通院実日数×2)×4,200円のどちらか少ない方】

 

基本的には損保会社の方が算出してくれると思います。

しかし、交通事故の場合休業補償なども算定されます。

お勤めをされていて所得がある方にそれが適用されるのはピンとくると思うのですが、ここでのポイントは所得が無い専業主婦の方にも適応されるという事です。

これは家事を休んで通院に時間を充てたという事なのですが、一般的に5,700円/1日
で計算されますが、最終的にはこちらも損保の方がどれくらいの範囲で適応するかを決定します。

 

以上簡単ではありましたが、万が一あなたが初めて交通事故にあった場合の大まかな流れを解説させて頂きました。

各項目とも個人によってはやり取りや順番に違いがあると思いますが、押さえておくポイントは最低限これくらいだと思います。

当院は豊中市にあります交通事故専門院です。

弁護士や行政書士とも連携をとっております。

北摂エリアや通院可能圏内で事故に遭われた方はご遠慮なくご相談ください。

当院の公式HP

→ 豊中市交通事故治療.com

One Reply to “もし交通事故に遭ってしまったら”

コメントは受け付けていません。